事例詳細Case

集合オフィス ネットワーク機器交換

2020-06-08
老朽化で冷却ファンが故障した集合オフィスのネットワーク機器一式を交換いたしました。

これまではアライドテレシスの L3 スイッチ 2 台が入っておりましたが、この 2 台はどちらも冷却ファンがいくつか故障しており、かなりの騒音が発生していました。真夏には高温で機能停止することが考えられ、それまでに機器を交換することになりました。

L3 スイッチ 2 台がそれぞれグローバル系、プライベート系として構成されており、グローバル系の GBIC にアップリンクのシングルモードファイバが接続されていました。

機器の設定を詳細に調査したところ、グローバル系では L2 機能しか使用しておらず、そもそも L3 スイッチは必要ないということがわかりました。また、L3 スイッチで NAT を使うと非常に高額な機器が必要になることから、2 台のスイッチの間にルータを挟むという方法により、もっと安価な機器だけで構築できるように再構成しました。

これらの工夫により、先方が予定していた予算の約半額で構築することができました。

機器は広く使われているシスコ製のものを採用し、浮いた予算で保守契約を結ぶことで、長期に渡って維持できる体制も整えました。
グローバル系とプライベート系の各 1 本がそれぞれの部屋に接続されています。
プライベート系からはこのルータで NAT がかけられてからグローバル系に出ていきます。
お問い合わせ
当社のサービスやソリューションについてのご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る
zoomでお問い合わせ