事例詳細Case

在宅医療 電子カルテ入力アウトソースシステム

在宅医療 (訪問医療) を実施している医療機関において、外回りをしている医師の負担を軽減するために、電子カルテへの入力をアウトソースするシステムを開発しました。

診療を終えた医師が、その場または次の患者宅への移動中に当システムに電話し、さきほどの診療内容を音声にて吹き込みます。すると、電子カルテの入力担当者に登録されたことがメールで通知されます。入力担当者は録音された音声を Web 上で再生し、その内容を電子カルテに入力します。

クラウド型電子カルテとタブレットの登場により、現場で直接電子カルテを使用することも可能となりましたが、閲覧には大変便利であるものの、その場で入力するというのはやはり非常な手間がかかります。

現場ではメモを書いておいて、それを写真で撮影して入力担当者に送るということも考えられますが、診療内容が多岐に渡った場合、それらを全てメモしながら診療するというのも、かなりおっくうな作業です。

このシステムにおいては、医師は診療内容を吹き込むことと、入力された電子カルテの最終確認だけをすればよく、本来の職務である診療に注力することができます。
お問い合わせ
当社のサービスやソリューションについてのご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る
zoomでお問い合わせ